最新情報

ピックアップメニュー01
◎管路防災研究所   
[NEURON Pipeline Resilience Laboratory]
NEWS LETTER 【特報】
(2024.2更新)
詳しく見る
  • 採用情報
  • SDGs-NEURON
  • 社屋案内
  • 環境配慮
  • WSP
  • SDF
  • 関西文化学術研究都市
  • 中小企業の成長発展を支援する 京都府中小企業技術センター
  • ユニセフ・マンスリーサポート・プログラム
  • ISO9001
  • 民間製品認証
  • エコアクション21
  • TOP>
  • Products R&D QC News

プロダクトニュース

R&D情報第16回日本地震工学シンポジウム 学会発表(2023.11)

『関東大震災から100年を経て、今後100年の地震工学を考える』をテーマに

去る11月23日から25日にかけて第16回日本地震工学シンポジウムが開催されました。

このシンポジウムは4年に一度の大規模なイベントで、

今回はパシフィコ横浜を会場に全国各地の大学や企業、研究機関から

地震工学の研究者が一堂に会し、なんと900を超える研究成果が発表されました。

当社からも管路防災研究所の研究員2名が参加し

水道管路に使用される伸縮可撓継手を対象として

地下の埋設管路や、河川を横断する水管橋での被災シナリオを取り上げ

ベローズの耐震性能についてそれぞれの研究成果を発表いたしました。

今後も管路防災研究所ではライフラインの維持に欠かせない

伸縮可撓継手や、それらを含む管路全体の研究に邁進するとともに

防災・耐震化技術の発信に努めてまいります。

第16回日本地震工学シンポジウムHP

(管路防災研究所 研究員 西勇也  記)

ページトップへ